このページの先頭です

HOME > 起業家支援ブログ

起業家支援ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

SNS活用のスタンス

 こんにちは。起業支援相談員の箕作(きさく)千佐子です。

 

先日のご相談者に、SNSでの活用について質問されました。

その方は民間のFacebook活用のためのセミナーに参加なさったようで、

「とにかく知らない人にも申請を出しまくる」

など色々なテクニックを教えられたそうです。

しかし「ちょっと気がひけるのですが問題ないでしょうか?」と心配されていました。

 

確かにちまたではたくさんのSNS活用、ネット活用のテクニックのセミナーなどが開かれています。

そこでは、

・とにかくあらゆる投稿にいいね!する

・毎日友だちの投稿に挨拶を書く

・毎日自撮りの写真を投稿する

・知らない人にも友達申請して人数の目標をたてる

など、昔から色々なテクニックが伝授されているようです。私のタイムラインにも、そのような投稿が流れてくることがあります。

 

SNSのマナーや使われ方、受ける印象は、そのときどきで変遷しており、何が正解とは一概に言えない面があります。人によっても感じ方は大きく違います。

ただ、これらのテクニックを使うことで、不快に思う人も出てきます。ヘタをすると、逆効果になりかねないこともあるのです。

その方も、「こういうの、気持ち悪いと私は思うんですが…」とおっしゃってました。

 

とはいえ、すべての人に不快に思われないようにしよう、というのは無理な話で、それではSNSを活用できません。

判断はとても難しいですが、ひとつの基準としては、

「自分がされてすごくイヤなことはしない」

というのをお勧めしています。

 

販促や営業は、「嫌われるかも」と思うこともちょっとガマンして、思い切ったアピールが必要なことも多いのですが、このように専門家でも考え方が分かれるようなことについては、そうとは限りません。

SNSのように日々の取り組みで、あまりにも自分の考え方とかけ離れたことをするのは、ストレスが溜まるだけです。

 

業種や事業のコンセプトによって、どんなイメージを与えるべきかも異なります。起業家の場合は、代表者の人柄が世界観になることが多いものです。

自分と考えや感覚が近い人が、お客さんになってくれやすいのです。

ガツガツしたのが好きな人はガツガツした人の顧客になります。そういうのが苦手な人は、少し控えめなトーンの人を探します。

 

色んな方のやり方を観察して、自分なりのポリシーを決めてやってください。またそのSNSの公式のルールやマナーにも気を配るようにしましょう。