このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2016年6月15日

女性の創業のつまづきポイント

 こんにちは。起業支援相談員の箕作(きさく)千佐子です。

 

来る6月18日に、日本政策金融公庫様の女性創業者向けのセミナーに登壇します。

https://www.jfc.go.jp/n/seminar/pdf/seminar160513h.pdf

 

ここでのテーマは、

「つまずきポイントから考える創業準備」

 

おかげさまでSOHOプラザの相談員として7年以上、さまざまな方の相談を受けてきました。

私自身が女性かつ主婦であることもあって、女性の起業家の方も多く来ていただきました。

そんな中で気づいた、女性に特に多いと感じられるお悩みとその解決策をこのセミナーではご紹介します。

 

1. 人と同じようなサービスになる

2. 売り方が分からない(積極的に売リ出せない)

3. よく考えたら儲かってない

4. 家庭との両立が難しい

 

解決策を考えてみると、結局は性別を問わない問題であることが多いのですけどね。

 

セミナーはまだ残席が少しありそうです。

またセミナーのご都合がつかない方も、上記に当てはまる方はぜひSOHOプラザの起業相談にお越しください。

 

○起業相談申込

http://www.soho-plaza.com/service/

 
2016年6月 3日

まわり道をしすぎない

 こんにちは。起業支援相談員の箕作(きさく)千佐子です。

 
ここ数年、国や行政の創業支援策が充実し、「私も起業してみたい」と思う方が増えているようです。
「こんなことを事業にしたい」ということよりも、「起業したい」が先にあるからか、相談に来られる方の中で、「なぜあなたがこの事業をしようと思ったのですか?」と不思議に思う方がときどき来られるようになりました。
具体的に起業したいという方の多くは、事業に関わる経験があるとか、ものすごく好きだからとか、こういうニーズを解決できてビジネスチャンスであることに気づいたから、など、必然性があるものです。
 
自分のキャリアの中で、事業になることが思いつかないのが原因である方もおられますが、とても危険だと思うのが、「やりたいことはあるけれど、困難だと思うので他の事業から始める」、という方。
つまり、自分がやりたいこと、できることには資金が必要だから、またはリスクが高いから、という理由で、全く関係ない他の事業でお金を稼いでからその事業をする、というのです。
 
でもそんなことをしても、優位性もアイデアもないのにそんな簡単にお金になる事業なんてないので、たいていなけなしの資金を使い果たすだけです。
せめて、本当にやりたい事業と関係のある事業を考えるべきです。その業界やマーケットに関わることで情報収集や強みの強化をしていかないと、永遠に手が届きません。
 
こういう方は、事業可能性の評価が適切でないのと、お金を儲けるためのパターン(ビジネスモデル)をあまりご存じないために、その方法があることに気づかないケースが大半です。
こんな時こそ起業相談の知識と経験が役に立ちます。
SOHOプラザの起業相談員は、長年多数の起業相談を受けてきてたくさんの事業のパターンを知っている相談員ばかりです。「私の事業、なんか遠回りだな」と思う方はぜひ相談にお越しください。最短距離を一緒に探していきましょう。

私の相談日は月に3回金曜日です。無料で何度でもご利用いただけます。
詳しい相談日とお申込みは下記から。
神戸市の起業家支援施設 - SOHOプラザ起業家支援ブログ

このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2016年6月15日

女性の創業のつまづきポイント

 こんにちは。起業支援相談員の箕作(きさく)千佐子です。

 

来る6月18日に、日本政策金融公庫様の女性創業者向けのセミナーに登壇します。

https://www.jfc.go.jp/n/seminar/pdf/seminar160513h.pdf

 

ここでのテーマは、

「つまずきポイントから考える創業準備」

 

おかげさまでSOHOプラザの相談員として7年以上、さまざまな方の相談を受けてきました。

私自身が女性かつ主婦であることもあって、女性の起業家の方も多く来ていただきました。

そんな中で気づいた、女性に特に多いと感じられるお悩みとその解決策をこのセミナーではご紹介します。

 

1. 人と同じようなサービスになる

2. 売り方が分からない(積極的に売リ出せない)

3. よく考えたら儲かってない

4. 家庭との両立が難しい

 

解決策を考えてみると、結局は性別を問わない問題であることが多いのですけどね。

 

セミナーはまだ残席が少しありそうです。

またセミナーのご都合がつかない方も、上記に当てはまる方はぜひSOHOプラザの起業相談にお越しください。

 

○起業相談申込

http://www.soho-plaza.com/service/

 
2016年6月 3日

まわり道をしすぎない

 こんにちは。起業支援相談員の箕作(きさく)千佐子です。

 
ここ数年、国や行政の創業支援策が充実し、「私も起業してみたい」と思う方が増えているようです。
「こんなことを事業にしたい」ということよりも、「起業したい」が先にあるからか、相談に来られる方の中で、「なぜあなたがこの事業をしようと思ったのですか?」と不思議に思う方がときどき来られるようになりました。
具体的に起業したいという方の多くは、事業に関わる経験があるとか、ものすごく好きだからとか、こういうニーズを解決できてビジネスチャンスであることに気づいたから、など、必然性があるものです。
 
自分のキャリアの中で、事業になることが思いつかないのが原因である方もおられますが、とても危険だと思うのが、「やりたいことはあるけれど、困難だと思うので他の事業から始める」、という方。
つまり、自分がやりたいこと、できることには資金が必要だから、またはリスクが高いから、という理由で、全く関係ない他の事業でお金を稼いでからその事業をする、というのです。
 
でもそんなことをしても、優位性もアイデアもないのにそんな簡単にお金になる事業なんてないので、たいていなけなしの資金を使い果たすだけです。
せめて、本当にやりたい事業と関係のある事業を考えるべきです。その業界やマーケットに関わることで情報収集や強みの強化をしていかないと、永遠に手が届きません。
 
こういう方は、事業可能性の評価が適切でないのと、お金を儲けるためのパターン(ビジネスモデル)をあまりご存じないために、その方法があることに気づかないケースが大半です。
こんな時こそ起業相談の知識と経験が役に立ちます。
SOHOプラザの起業相談員は、長年多数の起業相談を受けてきてたくさんの事業のパターンを知っている相談員ばかりです。「私の事業、なんか遠回りだな」と思う方はぜひ相談にお越しください。最短距離を一緒に探していきましょう。

私の相談日は月に3回金曜日です。無料で何度でもご利用いただけます。
詳しい相談日とお申込みは下記から。