このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2009年9月29日

問題が分かれば解決は早い

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。

最近、ある整理術の本を読んで、少しずつ自宅を整理中です。(しかし先は長い...)
恥ずかしながら我が家は子ども3人と大人1人が散らかす一方で、ただでさえ片付け下手な私では、まともな状態に保つのはなかなか困難な状況です。

子どもたちも、保育園のおもちゃの片付けはキチンとできるので、収納方法にも問題があることは薄々気づいていました。
しかし雑誌の収納特集を何冊読んでも我が家でうまくいく気がせず、すっかりあきらめかけていたのですが、その整理術の本に出会い、やる気が出てきました。
その本では、テクニックだけでなく、まず、「何に困ってるか」「どうなりたいか」などという風に、根本的な問題やビジョンを順に洗い出していきます。一見、面倒なのですが、読んで、考えているうちに、気づいていなかった我が家の問題がいくつも見えてきて、「これなら改善できるかも」と期待できるようになり、少しずつですが改善を進めているところです。

すでにいくつか、細か~い改善はできました。
本当に細かいことですが、頻繁に困ってたこととして、「ハサミがなくなる」という問題がありました。子どもがあちこちで使って元に戻さないために、いざという時にどこにあるか分からないのです。
細かいことなので、今まであまりその問題にフォーカスして考えていなかったのですが、頻繁なのでストレスになっていたことに気づきました。
そこで、「どうやったら解決できるか?」を考えた結果、「ハサミに居場所を書く」ことにしました。「キッチン用」とか「子ども用」とかです。特になくなって欲しくない、私のデスクのハサミは「ママのつくえにもどしてね」とまでテプラで書いて貼りました。

たったこれだけのことですが、ちゃんと定位置に戻る確率が急上昇しました。

他にも、「簡単なことなのに面倒でつい先延ばしにしてしまう作業」をする場所の近くにその作業のための道具を常備するなど、いくつか解決できました。問題を自分の中でクリアに定義さえできれば、かなりよい解決策を思いつくものですね。

このようなことは、仕事では本来、基本的なことですよね。
問題を定義し、解決案を考え、実行する。本当にキホンです。
でも、長年やってきたことなど、無意識にやっていることは案外考えてないものだと思います。昔はぴったりだったその方法が、今は合わなくなっていることもあると思います。
うまくいってないことは、イライラすることが多いものです。自分のイライラをヒントにして、問題を探してみるといいと思います。

2009年9月24日

自分を大切にしてますか?

こんにちは、創業支援相談員の加山晴猛です。

昨日で秋の連休(シルバーウィーク)も終わりましたが、皆様はどのように過ごされたでしょうか?高速道路の渋滞に巻き込まれて結構疲れた、なんて声が聞こえてきそうですね。

9月は総選挙と政権交代に始まり、新型インフルエンザの流行、大型連休と何かと落ち着かない月でした。そして、昨年のリーマンショックから丁度一年がたちましたが、百年に一度といわれる大不況の波から未だに抜け出す糸口が見つからないと感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな多くのニュースの中で、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された酒井法子さんと、「9年連続200安打」の偉業を成し遂げたイチローさんのニュースを見ていて、ふと感じたことがあります。それは、「のリピーは、自分を大切にすること、その方法を知らなかったんだ」、「イチローは真に自分を大切にできる数少ないすごい人だ」ということです。

「あなたは自分が大切ですか?」と問われたら、大多数の人は「大切です」と答えるでしょう。

それでは、「あなたは自分を大切にしていますか?」と問われたらどうでしょうか?
それでも、多くの人は「大切にしています。」と答えるでしょう。

では、以下の問いに対してあなたはどのように答えるどしょうか。

「あなたにとって、『自分を大切にする』とはどういうことですか?」
「あなたは、自分を大切にするためにどのような努力をしていますか?」
「その行いは、家族や友人に受け入れられていますか?認められ、応援されていますか?」
「その行いは、家族や友人以外の第三者の賛同を得られていますか?」

これらの4つ質問に自信を持って明確に答えるためには、自分自身の日々の行動を「自分の内面」と「家族、知人、友人、社会との関係」、そして「それぞれの場面であなたが果たすべき役割とその達成度合い」を検証し、3つをバランス良く調和させる方法を考え、あみ出すことが必要になります。

つまり、独りよがりの自己満足ではなく、「I'm OK.」と「You are OK.」の両方の満足を実現することが、真に自分を大切にすることにつながるのです。

私自身、「本当に自分を大切にしていますか」という質問に明確に答える自信は未だありません。そして、日々の行動が「自分を大切にする」ことにつながるかを振り返る様に心がけています。

皆様も、一度、日々の自分自身の生活や行動を振り返り、本当に自分を大切にしているのかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

2009年9月15日

シューズプラザでの「準備塾」も終了!

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。

ファッションマートでの開催に引き続き、新長田シューズプラザでも開催した「いつかは起業したい人のための準備塾」が先週で終了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

スケジュールの都合もあり、4回だったのを3回に縮めての進行でしたが、加山先生が上手に圧縮してくださったおかげで、つつがなく終了することができました。予想どおり、西方面の方の参加がほとんどで、改めてこのシューズプラザの役割を認識することができました。

皆さんそれぞれ個性的なプランをまとめられ、ブランを発表しあうグループワークでは大変盛り上がってました。連絡先を交換しあう姿も見られ、これからも引き続き、切磋琢磨していっていただけたらなと思います。同窓会でもしたいですね。
ぜひまた創業相談にもお越しください。進捗報告だけでもぜひどうぞ。
皆さまのご活躍をお祈りしています。

そうそう、今後創業塾に出られる方は、個人の名刺を作ってこられると便利だと思いますよ。創業塾で知り合った方が最初の取引先や顧客だったという話も聞きます。積極的に名刺を配って、ネットワークを広げてくださいね。

加山先生から告知があったとおり、秋からは、一歩進んだセミナーがはじまります。すでにお申込もあったようです。定員が埋まらないうちに、ぜひお申込くださいね!

2009年9月10日

今年度後半のセミナー開催スケジュールが決まりました

こんにちは、創業支援相談員の加山晴猛です。

巷では先の総選挙で政権交代を成し遂げた民主党が、今後どのような政権運営や政策を実行していくのかに多くの注目が集まっています。このように既成の制度や政策が大きく変化することが予想される状況においては、今後の民主党が進める政策により何がしかの影響をうける業種・業態がでてくることも考えられます。

常日頃から情報収集のアンテナを広く張り巡らせ、自社の事業や関連業界をとりまく環境の変わり目をうまくとらえる情報収集・把握力を身につけておくことは、経営者として自社のビジネスを維持し成功に導くためにとても重要な能力です。そして、他人の意見や見解(風評)に惑わされず、今後の政治の行方と皆様の事業への影響を冷静かつ客観的に判断する目を持つことが求められるのです。今後の政治・経済動向を注視し、変化にすばやく柔軟に対応できる体制を整えておきましょう。

さて、そんな世間の大きな変化を感じつつ、当SOHOプラザでは本年度後半(10月~翌年3月)に開催するセミナーの企画の取りまとめ作業を進めておりました。そして、このたびその概要が固まりましたのでご報告させていただきます。

本年度前半では、起業・創業の夢はあるが何から始めてよいかわからないという人を対象に、「いつかは起業したい人ための準備塾」を開催してまいりました。そのセミナーでは、自分にあっビジネス・アイデアをビジネス・コンセプトにまとめる手法をレクチャーしてきました。

そこで、本年度後半では、「本格的に起業・創業を目指している人、創業間もない新米経営者」を対象として、
 ・各自のビジネス・アイデアを具体化して起業・創業を実現するための計画の作り方、
 ・事業を運営していくために必要な基礎的な知識・スキル
をレクチャーする、以下のような各種セミナーの開催を決定しました。

具体的には、大きく3つ分野でのセミナーの開催を予定しております。

1.スキルアップセミナー (テーマ : 新米経営者のためのスキルアップシリーズ)
  神戸ファッションマート(KFM) : 会計編、資金調達編、確定申告編、営業編、広告編
  シューズプラザ(SP) :      営業編、広告編、資金調達編、会計編

2.創業セミナー (テーマ : ビジネスプランの作成) KFM開催のみ)
   
入門編 (3回シリーズ) ~アイデアをプランにしてみよう~ 
   上級編 (2回シリーズ)

3.業種別 創業のポイント解説セミナー(詳細検討中)

これら後期セミナーシリーズの皮切りとして、10月10日に新長田のシューズプラザ(SP)において、私が講師を担当させていただきます

新米経営者のためのスキルアップシリーズ(営業編)

を開催します。

同セミナーでは、営業なんてやったことがないという人のために、顧客づくりから納品・売掛金回収までの一連の営業活動の流れと、その時々で押さえておきたいポイント・留意点、使えるテクニック等をわかりやすく解説していきます。

各セミナの内容や日程等の詳細は、近日中に当ホームページに掲載する予定です。
そして、各セミナーへの参加申込みの受付けも随時開始してまいります。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

2009年9月 1日

自分もアピールしていますか?

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。
総選挙が終わり、いよいよ政権交代となりました。
民主党の圧勝で終わりましたが、確信をもって票が投じられたというよりは、不安も感じながら...といった消極的な票も多かったのではないかと感じました。

人や団体が初めてのことを行うとき、新しいことの実現に期待する一方「本当に担えるのだろうか?実現できるのだろうか?」という不安もつきまとうのは、政治もビジネスも同じですね。
どこに投票するか考えるとき、ビジネスプランの評価をするときの感覚と重なりました。

ビジネスプランを評価するときは、まずはもちろんプランそのものの可能性について検討するわけですが、それだけでは終わりません。
「どんな人が」「どんな団体が」やるのか、ということもとても大事な要素だと思っています。同じ計画書をもとに実行したとしても、10人がやれば10通りの結果が出てもおかしくありません。ですので、どのような能力や経験、理念や意欲をお持ちなのかといったことから、プランの実現可能性を評価します。

プランに多少の穴があっても、人物の評価次第では、結果的に高く評価されることもあります。
逆に、プランが一見完璧に見えても、実現できそうにないと感じられたら評価されないこともあります。

ですので、これから新しくビジネスを始められる方は、自分自身もアピールしなければなりません。

実績があれば一番よいのですが、そうでない場合は、例えば次のようなことが高い評価につながります。
・新ビジネスそのものの経験はなくとも、今までの経験を強みとして活かせるプランになっていること。
・事業開始動機が明確で、「なるほどな」と納得できること。
・どんな困難にも負けずに実現するという覚悟が見えること。

逆に言うと、評価が低くなりがちなのは次のようなパターンです。
・なぜ「この人」が「このビジネス」なのか、必然性がまったく見えない。
・「楽して稼ぎたいから」というのが動機になっている。
・言い訳がましいことばが多く、主体性や覚悟が感じられない。


何よりももったいないのは、上記のようなプラス要因を持っているにも関わらず、アピールがなくて相手に伝わらないということです。
相手に事業の成功を信じてもらうために、プランだけでなく自分自身についてもしっかりアピールしていきましょう。

神戸市の起業家支援施設 - SOHOプラザ起業家支援ブログ

このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2009年9月29日

問題が分かれば解決は早い

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。

最近、ある整理術の本を読んで、少しずつ自宅を整理中です。(しかし先は長い...)
恥ずかしながら我が家は子ども3人と大人1人が散らかす一方で、ただでさえ片付け下手な私では、まともな状態に保つのはなかなか困難な状況です。

子どもたちも、保育園のおもちゃの片付けはキチンとできるので、収納方法にも問題があることは薄々気づいていました。
しかし雑誌の収納特集を何冊読んでも我が家でうまくいく気がせず、すっかりあきらめかけていたのですが、その整理術の本に出会い、やる気が出てきました。
その本では、テクニックだけでなく、まず、「何に困ってるか」「どうなりたいか」などという風に、根本的な問題やビジョンを順に洗い出していきます。一見、面倒なのですが、読んで、考えているうちに、気づいていなかった我が家の問題がいくつも見えてきて、「これなら改善できるかも」と期待できるようになり、少しずつですが改善を進めているところです。

すでにいくつか、細か~い改善はできました。
本当に細かいことですが、頻繁に困ってたこととして、「ハサミがなくなる」という問題がありました。子どもがあちこちで使って元に戻さないために、いざという時にどこにあるか分からないのです。
細かいことなので、今まであまりその問題にフォーカスして考えていなかったのですが、頻繁なのでストレスになっていたことに気づきました。
そこで、「どうやったら解決できるか?」を考えた結果、「ハサミに居場所を書く」ことにしました。「キッチン用」とか「子ども用」とかです。特になくなって欲しくない、私のデスクのハサミは「ママのつくえにもどしてね」とまでテプラで書いて貼りました。

たったこれだけのことですが、ちゃんと定位置に戻る確率が急上昇しました。

他にも、「簡単なことなのに面倒でつい先延ばしにしてしまう作業」をする場所の近くにその作業のための道具を常備するなど、いくつか解決できました。問題を自分の中でクリアに定義さえできれば、かなりよい解決策を思いつくものですね。

このようなことは、仕事では本来、基本的なことですよね。
問題を定義し、解決案を考え、実行する。本当にキホンです。
でも、長年やってきたことなど、無意識にやっていることは案外考えてないものだと思います。昔はぴったりだったその方法が、今は合わなくなっていることもあると思います。
うまくいってないことは、イライラすることが多いものです。自分のイライラをヒントにして、問題を探してみるといいと思います。

2009年9月24日

自分を大切にしてますか?

こんにちは、創業支援相談員の加山晴猛です。

昨日で秋の連休(シルバーウィーク)も終わりましたが、皆様はどのように過ごされたでしょうか?高速道路の渋滞に巻き込まれて結構疲れた、なんて声が聞こえてきそうですね。

9月は総選挙と政権交代に始まり、新型インフルエンザの流行、大型連休と何かと落ち着かない月でした。そして、昨年のリーマンショックから丁度一年がたちましたが、百年に一度といわれる大不況の波から未だに抜け出す糸口が見つからないと感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな多くのニュースの中で、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された酒井法子さんと、「9年連続200安打」の偉業を成し遂げたイチローさんのニュースを見ていて、ふと感じたことがあります。それは、「のリピーは、自分を大切にすること、その方法を知らなかったんだ」、「イチローは真に自分を大切にできる数少ないすごい人だ」ということです。

「あなたは自分が大切ですか?」と問われたら、大多数の人は「大切です」と答えるでしょう。

それでは、「あなたは自分を大切にしていますか?」と問われたらどうでしょうか?
それでも、多くの人は「大切にしています。」と答えるでしょう。

では、以下の問いに対してあなたはどのように答えるどしょうか。

「あなたにとって、『自分を大切にする』とはどういうことですか?」
「あなたは、自分を大切にするためにどのような努力をしていますか?」
「その行いは、家族や友人に受け入れられていますか?認められ、応援されていますか?」
「その行いは、家族や友人以外の第三者の賛同を得られていますか?」

これらの4つ質問に自信を持って明確に答えるためには、自分自身の日々の行動を「自分の内面」と「家族、知人、友人、社会との関係」、そして「それぞれの場面であなたが果たすべき役割とその達成度合い」を検証し、3つをバランス良く調和させる方法を考え、あみ出すことが必要になります。

つまり、独りよがりの自己満足ではなく、「I'm OK.」と「You are OK.」の両方の満足を実現することが、真に自分を大切にすることにつながるのです。

私自身、「本当に自分を大切にしていますか」という質問に明確に答える自信は未だありません。そして、日々の行動が「自分を大切にする」ことにつながるかを振り返る様に心がけています。

皆様も、一度、日々の自分自身の生活や行動を振り返り、本当に自分を大切にしているのかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

2009年9月15日

シューズプラザでの「準備塾」も終了!

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。

ファッションマートでの開催に引き続き、新長田シューズプラザでも開催した「いつかは起業したい人のための準備塾」が先週で終了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

スケジュールの都合もあり、4回だったのを3回に縮めての進行でしたが、加山先生が上手に圧縮してくださったおかげで、つつがなく終了することができました。予想どおり、西方面の方の参加がほとんどで、改めてこのシューズプラザの役割を認識することができました。

皆さんそれぞれ個性的なプランをまとめられ、ブランを発表しあうグループワークでは大変盛り上がってました。連絡先を交換しあう姿も見られ、これからも引き続き、切磋琢磨していっていただけたらなと思います。同窓会でもしたいですね。
ぜひまた創業相談にもお越しください。進捗報告だけでもぜひどうぞ。
皆さまのご活躍をお祈りしています。

そうそう、今後創業塾に出られる方は、個人の名刺を作ってこられると便利だと思いますよ。創業塾で知り合った方が最初の取引先や顧客だったという話も聞きます。積極的に名刺を配って、ネットワークを広げてくださいね。

加山先生から告知があったとおり、秋からは、一歩進んだセミナーがはじまります。すでにお申込もあったようです。定員が埋まらないうちに、ぜひお申込くださいね!

2009年9月10日

今年度後半のセミナー開催スケジュールが決まりました

こんにちは、創業支援相談員の加山晴猛です。

巷では先の総選挙で政権交代を成し遂げた民主党が、今後どのような政権運営や政策を実行していくのかに多くの注目が集まっています。このように既成の制度や政策が大きく変化することが予想される状況においては、今後の民主党が進める政策により何がしかの影響をうける業種・業態がでてくることも考えられます。

常日頃から情報収集のアンテナを広く張り巡らせ、自社の事業や関連業界をとりまく環境の変わり目をうまくとらえる情報収集・把握力を身につけておくことは、経営者として自社のビジネスを維持し成功に導くためにとても重要な能力です。そして、他人の意見や見解(風評)に惑わされず、今後の政治の行方と皆様の事業への影響を冷静かつ客観的に判断する目を持つことが求められるのです。今後の政治・経済動向を注視し、変化にすばやく柔軟に対応できる体制を整えておきましょう。

さて、そんな世間の大きな変化を感じつつ、当SOHOプラザでは本年度後半(10月~翌年3月)に開催するセミナーの企画の取りまとめ作業を進めておりました。そして、このたびその概要が固まりましたのでご報告させていただきます。

本年度前半では、起業・創業の夢はあるが何から始めてよいかわからないという人を対象に、「いつかは起業したい人ための準備塾」を開催してまいりました。そのセミナーでは、自分にあっビジネス・アイデアをビジネス・コンセプトにまとめる手法をレクチャーしてきました。

そこで、本年度後半では、「本格的に起業・創業を目指している人、創業間もない新米経営者」を対象として、
 ・各自のビジネス・アイデアを具体化して起業・創業を実現するための計画の作り方、
 ・事業を運営していくために必要な基礎的な知識・スキル
をレクチャーする、以下のような各種セミナーの開催を決定しました。

具体的には、大きく3つ分野でのセミナーの開催を予定しております。

1.スキルアップセミナー (テーマ : 新米経営者のためのスキルアップシリーズ)
  神戸ファッションマート(KFM) : 会計編、資金調達編、確定申告編、営業編、広告編
  シューズプラザ(SP) :      営業編、広告編、資金調達編、会計編

2.創業セミナー (テーマ : ビジネスプランの作成) KFM開催のみ)
   
入門編 (3回シリーズ) ~アイデアをプランにしてみよう~ 
   上級編 (2回シリーズ)

3.業種別 創業のポイント解説セミナー(詳細検討中)

これら後期セミナーシリーズの皮切りとして、10月10日に新長田のシューズプラザ(SP)において、私が講師を担当させていただきます

新米経営者のためのスキルアップシリーズ(営業編)

を開催します。

同セミナーでは、営業なんてやったことがないという人のために、顧客づくりから納品・売掛金回収までの一連の営業活動の流れと、その時々で押さえておきたいポイント・留意点、使えるテクニック等をわかりやすく解説していきます。

各セミナの内容や日程等の詳細は、近日中に当ホームページに掲載する予定です。
そして、各セミナーへの参加申込みの受付けも随時開始してまいります。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

2009年9月 1日

自分もアピールしていますか?

こんにちは。創業支援相談員の箕作千佐子(きさくちさこ)です。
総選挙が終わり、いよいよ政権交代となりました。
民主党の圧勝で終わりましたが、確信をもって票が投じられたというよりは、不安も感じながら...といった消極的な票も多かったのではないかと感じました。

人や団体が初めてのことを行うとき、新しいことの実現に期待する一方「本当に担えるのだろうか?実現できるのだろうか?」という不安もつきまとうのは、政治もビジネスも同じですね。
どこに投票するか考えるとき、ビジネスプランの評価をするときの感覚と重なりました。

ビジネスプランを評価するときは、まずはもちろんプランそのものの可能性について検討するわけですが、それだけでは終わりません。
「どんな人が」「どんな団体が」やるのか、ということもとても大事な要素だと思っています。同じ計画書をもとに実行したとしても、10人がやれば10通りの結果が出てもおかしくありません。ですので、どのような能力や経験、理念や意欲をお持ちなのかといったことから、プランの実現可能性を評価します。

プランに多少の穴があっても、人物の評価次第では、結果的に高く評価されることもあります。
逆に、プランが一見完璧に見えても、実現できそうにないと感じられたら評価されないこともあります。

ですので、これから新しくビジネスを始められる方は、自分自身もアピールしなければなりません。

実績があれば一番よいのですが、そうでない場合は、例えば次のようなことが高い評価につながります。
・新ビジネスそのものの経験はなくとも、今までの経験を強みとして活かせるプランになっていること。
・事業開始動機が明確で、「なるほどな」と納得できること。
・どんな困難にも負けずに実現するという覚悟が見えること。

逆に言うと、評価が低くなりがちなのは次のようなパターンです。
・なぜ「この人」が「このビジネス」なのか、必然性がまったく見えない。
・「楽して稼ぎたいから」というのが動機になっている。
・言い訳がましいことばが多く、主体性や覚悟が感じられない。


何よりももったいないのは、上記のようなプラス要因を持っているにも関わらず、アピールがなくて相手に伝わらないということです。
相手に事業の成功を信じてもらうために、プランだけでなく自分自身についてもしっかりアピールしていきましょう。