このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2008年7月31日

新しいビジネス

リクルートが発行するクーポンマガジン「Hot Pepper」の神戸版を見ているとネイルサロンの紹介ページが5ページにわたって掲載されていました。エステサロンの9ページと比較すると「爪に限定している」ということを考慮すればそのボリュームの多いことに驚きます。

ネットを調べると、「ネイルセラピスト」なる職業名まで登場しており、新しい産業として着実に成長している様がうかがえます。

何故、「爪」というからだの一部分に限定された美容ビジネスがこのように活況なのでしょうか?

理由として考えられること①
髪の毛や顔、体型など美容全般については個人が持って生まれたものをベースに美しさを追求しなければならないという限界があります。

それに対し爪の場合、個人差が髪の毛や顔、体型に比べて小さく、「付け爪」を利用すれば、誰でも手軽に美しさを身につけることが出来ることが魅力になっていると考えられます。

理由として考えられること②
ヘアサロンやエステサロンのような水を使う設備が必要なものに比べると小さな机と椅子が置けるスペースがあれば設備投資も少なくてすみ、比較的簡単に開業できると考えられること。

①は需要が高まった理由、②は供給側であるネイルサロンが急速に広まった理由です。


今回はネイルサロンを題材に簡単にビジネス構造を分析してみましたが、これから起業しようという人は例え自分と関係のない業界であろうと、上記のような「何故このビジネスは成立しているのか?」という視点で世の中の事象を分析する訓練をしてみることをお勧めします。

2008年7月30日

小売業は立地がすべて

最近、神戸市内の商店街を回っていて「小売業は立地がすべて」という言葉を思い出しました。

確かに小売業の場合、どんなにすばらしいお店を開こうと、どんなに努力しようと立地の選定に失敗すれば、成功はおぼつかないでしょう。

しかし、自分のお店にぴったりの物件がおいそれと簡単に見つかるものではないというのも事実です。

SOHOプラザ/KFMにも自分のお店を持ちたいという人が相談に来られますが、たまたま目に付いた物件に心ひかれ、このチャンスを逃すまいと契約してしまい苦労されるケースが多いように思われます。

このようなことにならないためには、「小売業は立地がすべて」ということを肝に銘じ、理想とする立地条件をきちんと紙に書き出してチェックシートとして活用するなどの工夫が大切です。

立地選定のために流した汗は将来報われる可能性が高いですが、立地選定に失敗して流す苦労の汗は報われる可能性が低いことを忘れてはなりません。

2008年7月28日

「資金調達編」を開催します

起業家養成基本講座の第4弾として「資金調達編」を開催します。

起業家が資金調達のためまず最初に訪ねるのが国民金融公庫です。

今回はその国民金融公庫の創業支援課長である谷本氏を講師としてお招きしました。

起業にはどのくらいのお金が必要であり、そのお金を調達するためにはどうすればいいのかについて学んでいただきます。

また、セミナー終了後に講師を囲んでの座談会を行い、その後、個別に資金調達相談会を開催しますので気軽にご相談ください。


テーマ:「資金調達編」

講師:谷本直貴(国民金融公庫 神戸支店 創業支援課長)

開催日程:平成20年9月6日(土)10:00~12:00

開催場所:SOHOプラザ/KFM(神戸ファッションマート4階)

定員:15名
※定員まで若干余裕がありますが、参加を希望される方はお早めに申し込みください。

申し込み方法:SOHOプラザホームページより申し込みください。

2008年7月23日

決断する方法

重要な決断をしなければならないが、失敗した場合のことを考えると不安で仕方ない。

こんな経験は誰にでもあるはずです。

このような場合の対処法として「最悪の結果を想像し、その結果を受け入れることができるかを考える」というのがあります。

失敗した場合のことを考えると不安になるというのは、失敗した場合どうなるかイメージが出来ないからです。

最悪の事態を想像し、「そうなっても仕方ない」と腹をくくることができたなら決断できるでしょう。腹をくくることができないならやめておくべきです。

ばくぜんとした不安を抱えつつ、決断をずるずると先送りにするのが一番の問題です。

2008年7月22日

次につながる敗戦

テレビの野球中継の解説で「次につながる敗戦」という言葉を聞いて、違和感を感じた人は少なくないのではないだろうか?

理由はおそらく、敗戦つまり負けたことそれ自体が次の勝利につながるという論理に無理があるからだろう。

敗戦ことそれ自体が次につながるのではなく、敗戦の原因を分析し、その原因を取り除いてこそ次の勝利につながる。

起業も同じで、何らかの失敗をしても原因を分析し、その原因を排除しなければ失敗は次なる成功にはつながらず、単なるダメージとして残るだけだ。

2008年7月18日

第8回KOBEドリームキャッチプロジェクトの募集について

神戸市産業振興財団が主催する「第8回KOBEドリームキャッチプロジェクト」の募集が始まります。

「KOBEドリームキャッチプロジェクト」とは新規創業、ベンチャー企業や第二創業に取り組む中小企業を対象に、新商品や新事業創造、新分野進出などのビジネスプランを募集し、神戸ビジネス評価委員会の審査をへて、事業成立可能性の高いプラン(X-KOBE)と可能性のあるプラン(N-KOBE)を認定し、(財)神戸市産業振興財団が認定区分に応じたさまざまな支援を行うプロジェクトです。

応募期間は2008.9.4~2008.10.3

募集要項は下記のURLよりダウンロードできます。

http://www.kobe-ipc.or.jp/dreamcatch/about_dream_catch/application.html

2008年7月 7日

ビジネスアイデア創出編を開催しました

%A5%D3%A5%B8%A5%CD%A5%B9%A5%A2%A5%A4%A5%C7%A5%A2%C1%CF%BD%D0%CA%D4%20013.jpg
【ビジネスアイデア創出編の講義風景】

7月5日(土)に起業家養成基本講座の第二弾として「ビジネスアイデア創出編」を開催しました。

講義終了後に行っている講師を囲んでの起業家同士の交流会では、起業についての不安や悩みなど率直な意見が交わされてました。

悩みとしては、やはり起業して失敗したらどうなるんだろうか?というところが最大の関心のようです。

起業を目指す人は様々な不安や悩みを抱えています。一人で不安や悩みと戦うよりも、このような会を通じて起業家同士が交流することで、なんらか解決の糸口が見つかるのではないでしょうか。

次回の起業家養成基本講座は「起業リスク対策編」。
起業リスクにどのように向き合い、対処すればいいのかについて学びます。

開催日は8月2日(土)10:00~12:00です。定員に達し次第、応募を締め切りさせていただきますのでお早めに申し込みください。

申し込みはSOHOプラザのホームページからお願いします。

2008年7月 3日

ビジネスアイデア創出編に関するお知らせ②

先日ご案内しました「ビジネスアイデア創出編」に関してですが、定員オーバーで締切させていただきましたが、急遽キャンセルが1人発生したため、1名限定で再度参加者を応募いたします。
明日までの応募期間とさせていただきますので、受講を希望される場合はホームページからお申込みください。

2008年7月 2日

ビジネスアイデア創出編に関するお知らせ

7月5日(土)に実施する起業家養成基本講座の第二弾、「ビジネスアイデア創出編」が定員の15名に達しましたので応募を締め切らせていただきました。

セミナーの募集は開催一ヶ月前を目途に実施しておりますので、受講を希望される場合は、SOHOプラザのホームページをご確認いただき、早い時期に申し込みされることをお勧めします。

2008年7月 1日

「起業ってどういうこと編」を開催しました

%B5%AF%B6%C8%A4%C3%A4%C6%A4%C9%A4%A6%A4%A4%A4%A6%A4%B3%A4%C8%CA%D4%20001.jpg
【セミナーの様子】

起業家養成基本講座の第一弾「起業ってどういうこと編」を、6月5日(土)に開催しました。
皆さんとても真剣に受講されており、起業意欲の高さが熱気となって伝わってきました。

また、今回のセミナーから実施することになったセミナー後の座談会では受講生の方から様々な意見や相談、質問があり、有意義な時間を過ごすことができました。

受講生同士の交流を深める意味でも、一人でも多くの方に座談会にも出席いただきたいと考えております。

7月5日(土)(10:00~12:00)には第二弾「ビジネスアイデア創出編」を開催します。

神戸市の起業家支援施設 - SOHOプラザ起業家支援ブログ

このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2008年7月31日

新しいビジネス

リクルートが発行するクーポンマガジン「Hot Pepper」の神戸版を見ているとネイルサロンの紹介ページが5ページにわたって掲載されていました。エステサロンの9ページと比較すると「爪に限定している」ということを考慮すればそのボリュームの多いことに驚きます。

ネットを調べると、「ネイルセラピスト」なる職業名まで登場しており、新しい産業として着実に成長している様がうかがえます。

何故、「爪」というからだの一部分に限定された美容ビジネスがこのように活況なのでしょうか?

理由として考えられること①
髪の毛や顔、体型など美容全般については個人が持って生まれたものをベースに美しさを追求しなければならないという限界があります。

それに対し爪の場合、個人差が髪の毛や顔、体型に比べて小さく、「付け爪」を利用すれば、誰でも手軽に美しさを身につけることが出来ることが魅力になっていると考えられます。

理由として考えられること②
ヘアサロンやエステサロンのような水を使う設備が必要なものに比べると小さな机と椅子が置けるスペースがあれば設備投資も少なくてすみ、比較的簡単に開業できると考えられること。

①は需要が高まった理由、②は供給側であるネイルサロンが急速に広まった理由です。


今回はネイルサロンを題材に簡単にビジネス構造を分析してみましたが、これから起業しようという人は例え自分と関係のない業界であろうと、上記のような「何故このビジネスは成立しているのか?」という視点で世の中の事象を分析する訓練をしてみることをお勧めします。

2008年7月30日

小売業は立地がすべて

最近、神戸市内の商店街を回っていて「小売業は立地がすべて」という言葉を思い出しました。

確かに小売業の場合、どんなにすばらしいお店を開こうと、どんなに努力しようと立地の選定に失敗すれば、成功はおぼつかないでしょう。

しかし、自分のお店にぴったりの物件がおいそれと簡単に見つかるものではないというのも事実です。

SOHOプラザ/KFMにも自分のお店を持ちたいという人が相談に来られますが、たまたま目に付いた物件に心ひかれ、このチャンスを逃すまいと契約してしまい苦労されるケースが多いように思われます。

このようなことにならないためには、「小売業は立地がすべて」ということを肝に銘じ、理想とする立地条件をきちんと紙に書き出してチェックシートとして活用するなどの工夫が大切です。

立地選定のために流した汗は将来報われる可能性が高いですが、立地選定に失敗して流す苦労の汗は報われる可能性が低いことを忘れてはなりません。

2008年7月28日

「資金調達編」を開催します

起業家養成基本講座の第4弾として「資金調達編」を開催します。

起業家が資金調達のためまず最初に訪ねるのが国民金融公庫です。

今回はその国民金融公庫の創業支援課長である谷本氏を講師としてお招きしました。

起業にはどのくらいのお金が必要であり、そのお金を調達するためにはどうすればいいのかについて学んでいただきます。

また、セミナー終了後に講師を囲んでの座談会を行い、その後、個別に資金調達相談会を開催しますので気軽にご相談ください。


テーマ:「資金調達編」

講師:谷本直貴(国民金融公庫 神戸支店 創業支援課長)

開催日程:平成20年9月6日(土)10:00~12:00

開催場所:SOHOプラザ/KFM(神戸ファッションマート4階)

定員:15名
※定員まで若干余裕がありますが、参加を希望される方はお早めに申し込みください。

申し込み方法:SOHOプラザホームページより申し込みください。

2008年7月23日

決断する方法

重要な決断をしなければならないが、失敗した場合のことを考えると不安で仕方ない。

こんな経験は誰にでもあるはずです。

このような場合の対処法として「最悪の結果を想像し、その結果を受け入れることができるかを考える」というのがあります。

失敗した場合のことを考えると不安になるというのは、失敗した場合どうなるかイメージが出来ないからです。

最悪の事態を想像し、「そうなっても仕方ない」と腹をくくることができたなら決断できるでしょう。腹をくくることができないならやめておくべきです。

ばくぜんとした不安を抱えつつ、決断をずるずると先送りにするのが一番の問題です。

2008年7月22日

次につながる敗戦

テレビの野球中継の解説で「次につながる敗戦」という言葉を聞いて、違和感を感じた人は少なくないのではないだろうか?

理由はおそらく、敗戦つまり負けたことそれ自体が次の勝利につながるという論理に無理があるからだろう。

敗戦ことそれ自体が次につながるのではなく、敗戦の原因を分析し、その原因を取り除いてこそ次の勝利につながる。

起業も同じで、何らかの失敗をしても原因を分析し、その原因を排除しなければ失敗は次なる成功にはつながらず、単なるダメージとして残るだけだ。

2008年7月18日

第8回KOBEドリームキャッチプロジェクトの募集について

神戸市産業振興財団が主催する「第8回KOBEドリームキャッチプロジェクト」の募集が始まります。

「KOBEドリームキャッチプロジェクト」とは新規創業、ベンチャー企業や第二創業に取り組む中小企業を対象に、新商品や新事業創造、新分野進出などのビジネスプランを募集し、神戸ビジネス評価委員会の審査をへて、事業成立可能性の高いプラン(X-KOBE)と可能性のあるプラン(N-KOBE)を認定し、(財)神戸市産業振興財団が認定区分に応じたさまざまな支援を行うプロジェクトです。

応募期間は2008.9.4~2008.10.3

募集要項は下記のURLよりダウンロードできます。

http://www.kobe-ipc.or.jp/dreamcatch/about_dream_catch/application.html

2008年7月 7日

ビジネスアイデア創出編を開催しました

%A5%D3%A5%B8%A5%CD%A5%B9%A5%A2%A5%A4%A5%C7%A5%A2%C1%CF%BD%D0%CA%D4%20013.jpg
【ビジネスアイデア創出編の講義風景】

7月5日(土)に起業家養成基本講座の第二弾として「ビジネスアイデア創出編」を開催しました。

講義終了後に行っている講師を囲んでの起業家同士の交流会では、起業についての不安や悩みなど率直な意見が交わされてました。

悩みとしては、やはり起業して失敗したらどうなるんだろうか?というところが最大の関心のようです。

起業を目指す人は様々な不安や悩みを抱えています。一人で不安や悩みと戦うよりも、このような会を通じて起業家同士が交流することで、なんらか解決の糸口が見つかるのではないでしょうか。

次回の起業家養成基本講座は「起業リスク対策編」。
起業リスクにどのように向き合い、対処すればいいのかについて学びます。

開催日は8月2日(土)10:00~12:00です。定員に達し次第、応募を締め切りさせていただきますのでお早めに申し込みください。

申し込みはSOHOプラザのホームページからお願いします。

2008年7月 3日

ビジネスアイデア創出編に関するお知らせ②

先日ご案内しました「ビジネスアイデア創出編」に関してですが、定員オーバーで締切させていただきましたが、急遽キャンセルが1人発生したため、1名限定で再度参加者を応募いたします。
明日までの応募期間とさせていただきますので、受講を希望される場合はホームページからお申込みください。

2008年7月 2日

ビジネスアイデア創出編に関するお知らせ

7月5日(土)に実施する起業家養成基本講座の第二弾、「ビジネスアイデア創出編」が定員の15名に達しましたので応募を締め切らせていただきました。

セミナーの募集は開催一ヶ月前を目途に実施しておりますので、受講を希望される場合は、SOHOプラザのホームページをご確認いただき、早い時期に申し込みされることをお勧めします。

2008年7月 1日

「起業ってどういうこと編」を開催しました

%B5%AF%B6%C8%A4%C3%A4%C6%A4%C9%A4%A6%A4%A4%A4%A6%A4%B3%A4%C8%CA%D4%20001.jpg
【セミナーの様子】

起業家養成基本講座の第一弾「起業ってどういうこと編」を、6月5日(土)に開催しました。
皆さんとても真剣に受講されており、起業意欲の高さが熱気となって伝わってきました。

また、今回のセミナーから実施することになったセミナー後の座談会では受講生の方から様々な意見や相談、質問があり、有意義な時間を過ごすことができました。

受講生同士の交流を深める意味でも、一人でも多くの方に座談会にも出席いただきたいと考えております。

7月5日(土)(10:00~12:00)には第二弾「ビジネスアイデア創出編」を開催します。