このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2008年6月27日

経営者の責任2

新規事業の開発に乗り出してから数年後に初めて受注に至ったある経営者が言った言葉は、

「これで逃げるわけにはいかなくなった」

でした。

普通このような場合、「ようやく苦労が実った」と喜んで当然なのでしょうが、この経営者は喜びよりも初受注によって生じる責任の重さが頭をよぎったのでしょう。

経営者の社会的責任というものを認識させてくれる言葉です。

2008年6月26日

経営者の責任

取引先が増えれば増えただけの責任が、従業員を雇えば従業員とその家族に対する責任が、経営を続けるれば続けるほど社会への責任が重く経営者の肩にのしかかります。

企業の不祥事た明るみに出るとそんな当たり前のことを思い返します。

2008年6月25日

起業家養成基本講座が始まります

%BB%F6%B6%C8%B7%D7%B2%E8%CA%D4%AD%A1%20004.jpg
【2007年度セミナー風景】


2008年度のSOHOプラザの起業家養成基本講座が、6月28日(土)から始まります。

起業家養成基本講座(http://www.soho-plaza.com/news/seminar2008_yousei_2008.5.29.pdf)は全7回シリーズで構成されており、起業する際に知っておきたい内容を一通り学べるようになっています。

第1弾である今回のテーマは「起業するってどういうこと編」。

翌週7月5日(土)には第2弾として「ビジネスアイデア創出編」を開催します

今年のセミナーはどんな出会いがあるのか、今からとても楽しみです。

詳しくはSOHOプラザのホームページ(http://www.soho-plaza.com/)をご覧ください。

2008年6月23日

アルバイトの有給休暇

某牛丼チェーンの店内でちょっと変わったアルバイトの募集チラシを見つけました。

なんと「有給休暇」あり、深夜勤務の場合「寸志」ありだそうです。

時間給であるアルバイトに有給休暇が支給されるというのを、見るのを初めて見ました。

背景には深刻な求人難があるものと思われます。

正社員と非正規雇用者の待遇格差が問題視されていますが、将来的に上記のような人材の需給バランスの変化が格差縮小を促すことになるかもしれません。

2008年6月16日

ひらめきと思い付き

「ひらめき」と「思い付き」という言葉はどちらも「ふと心に思い浮かんだこと」といった意味に使われます。

しかし、「単なる思い付き」という表現はあっても「単なるひらめき」という言葉がないように「ひらめき」のほうが「思い付き」よりも肯定的な響きがあります。

では何故「ひらめき」が「思い付き」より肯定的に響くのか?

それは「思い付き」が偶然頭に浮かんだこと、を意味するのに対し、「ひらめき」は脳内にある知識や経験、知恵を活用して考えた抜いた結果、突然頭に浮かんでくる(ひらめく)ことを意味するからではないでしょうか?

起業家に求められるのは「思い付き」ではなく「ひらめき」です。「思い付き」には必ず落とし穴があります。

「ビジネスアイデアがひらめいた」といえるまで知識を蓄え、経験を積み、知恵を絞って起業して欲しいと思います。

2008年6月12日

仕事が好き

創業社長に共通することとして「仕事が好き」であることがあげられます。

色々と苦労も多い社長業ですが、苦労に見合うだけの仕事なんだと彼らの働きぶりを見ていて思います。

2008年6月11日

飛び込み営業

春から夏にかけて、大手企業の新入社員達がオフィス街で飛び込み営業しているのが見受けられます。

新入社員達にとって毎日出勤するだけでも相当なストレスですが、それに加えて何十件と飛び込み営業を行って冷たく断られ続ける経験はさぞかしつらいことでしょう。

この場合、彼らを雇っている企業は社会に出たばかりの新人が飛び込み営業で成績を上げてくれることを期待しているわけではなく、あくまで人材育成のプロセスの一つと考えています。

ただ、飛び込み営業させられる新入社員達は名刺や携帯電話、交通費を支給され、給与も支払われます。

一方で起業家が飛び込み営業を行う場合、全ての経費は自分持ちで給与さえありません。そのうえ起業したての人材に信用などあるはずもなく、実績もないとくれば飛び込み営業の厳しさ新入社員の比ではありません。

会社勤めの頃に膨らんだ自信も粉々に吹き飛んでしまいます。

起業する場合、顧客開拓のプランをきっちり作り込むとともに、少々のことにはへこたれない覚悟と事業が軌道に乗るまでの資金が必要になります。

2008年6月 9日

起業家向けの雑誌を読んでみて

起業家向けの雑誌を開いてみると、これでもかというくらい起業して成功している人や成功に向けて頑張っている人の笑顔が掲載されています。

これを見ていると自分もなんだか成功しそうな気がしてきます。

しかし、起業して成功する人よりも失敗する人のほうがはるかに多いということを忘れてはいけません。

何故、自分は起業して成功できると考えているのか、その根拠を自分なりに考えてみることをお勧めします。

2008年6月 4日

SOHOプラザ会員登録について

SOHOプラザではセミナーや創業・経営に関する専門家相談等のサービスを受けていただくために会員登録を行う必要があります。

会員登録の方法についてはSOHOプラザのホームページに詳細を記載しています。

会員向けのサービスとして毎月定期的にメールマガジンを発行し、SOHOプラザの各支援サービスの内容や役立つ情報を発信しています。

登録は無料ですので気軽にお申し込みください。

神戸市の起業家支援施設 - SOHOプラザ起業家支援ブログ

このページの先頭です

HOME > 創業支援相談員ブログ

創業支援相談員ブログ

神戸で起業支援をおこなっている「SOHOプラザ」のブログです。 起業に役立つ情報、日々の更新情報を発信いたします。

2008年6月27日

経営者の責任2

新規事業の開発に乗り出してから数年後に初めて受注に至ったある経営者が言った言葉は、

「これで逃げるわけにはいかなくなった」

でした。

普通このような場合、「ようやく苦労が実った」と喜んで当然なのでしょうが、この経営者は喜びよりも初受注によって生じる責任の重さが頭をよぎったのでしょう。

経営者の社会的責任というものを認識させてくれる言葉です。

2008年6月26日

経営者の責任

取引先が増えれば増えただけの責任が、従業員を雇えば従業員とその家族に対する責任が、経営を続けるれば続けるほど社会への責任が重く経営者の肩にのしかかります。

企業の不祥事た明るみに出るとそんな当たり前のことを思い返します。

2008年6月25日

起業家養成基本講座が始まります

%BB%F6%B6%C8%B7%D7%B2%E8%CA%D4%AD%A1%20004.jpg
【2007年度セミナー風景】


2008年度のSOHOプラザの起業家養成基本講座が、6月28日(土)から始まります。

起業家養成基本講座(http://www.soho-plaza.com/news/seminar2008_yousei_2008.5.29.pdf)は全7回シリーズで構成されており、起業する際に知っておきたい内容を一通り学べるようになっています。

第1弾である今回のテーマは「起業するってどういうこと編」。

翌週7月5日(土)には第2弾として「ビジネスアイデア創出編」を開催します

今年のセミナーはどんな出会いがあるのか、今からとても楽しみです。

詳しくはSOHOプラザのホームページ(http://www.soho-plaza.com/)をご覧ください。

2008年6月23日

アルバイトの有給休暇

某牛丼チェーンの店内でちょっと変わったアルバイトの募集チラシを見つけました。

なんと「有給休暇」あり、深夜勤務の場合「寸志」ありだそうです。

時間給であるアルバイトに有給休暇が支給されるというのを、見るのを初めて見ました。

背景には深刻な求人難があるものと思われます。

正社員と非正規雇用者の待遇格差が問題視されていますが、将来的に上記のような人材の需給バランスの変化が格差縮小を促すことになるかもしれません。

2008年6月16日

ひらめきと思い付き

「ひらめき」と「思い付き」という言葉はどちらも「ふと心に思い浮かんだこと」といった意味に使われます。

しかし、「単なる思い付き」という表現はあっても「単なるひらめき」という言葉がないように「ひらめき」のほうが「思い付き」よりも肯定的な響きがあります。

では何故「ひらめき」が「思い付き」より肯定的に響くのか?

それは「思い付き」が偶然頭に浮かんだこと、を意味するのに対し、「ひらめき」は脳内にある知識や経験、知恵を活用して考えた抜いた結果、突然頭に浮かんでくる(ひらめく)ことを意味するからではないでしょうか?

起業家に求められるのは「思い付き」ではなく「ひらめき」です。「思い付き」には必ず落とし穴があります。

「ビジネスアイデアがひらめいた」といえるまで知識を蓄え、経験を積み、知恵を絞って起業して欲しいと思います。

2008年6月12日

仕事が好き

創業社長に共通することとして「仕事が好き」であることがあげられます。

色々と苦労も多い社長業ですが、苦労に見合うだけの仕事なんだと彼らの働きぶりを見ていて思います。

2008年6月11日

飛び込み営業

春から夏にかけて、大手企業の新入社員達がオフィス街で飛び込み営業しているのが見受けられます。

新入社員達にとって毎日出勤するだけでも相当なストレスですが、それに加えて何十件と飛び込み営業を行って冷たく断られ続ける経験はさぞかしつらいことでしょう。

この場合、彼らを雇っている企業は社会に出たばかりの新人が飛び込み営業で成績を上げてくれることを期待しているわけではなく、あくまで人材育成のプロセスの一つと考えています。

ただ、飛び込み営業させられる新入社員達は名刺や携帯電話、交通費を支給され、給与も支払われます。

一方で起業家が飛び込み営業を行う場合、全ての経費は自分持ちで給与さえありません。そのうえ起業したての人材に信用などあるはずもなく、実績もないとくれば飛び込み営業の厳しさ新入社員の比ではありません。

会社勤めの頃に膨らんだ自信も粉々に吹き飛んでしまいます。

起業する場合、顧客開拓のプランをきっちり作り込むとともに、少々のことにはへこたれない覚悟と事業が軌道に乗るまでの資金が必要になります。

2008年6月 9日

起業家向けの雑誌を読んでみて

起業家向けの雑誌を開いてみると、これでもかというくらい起業して成功している人や成功に向けて頑張っている人の笑顔が掲載されています。

これを見ていると自分もなんだか成功しそうな気がしてきます。

しかし、起業して成功する人よりも失敗する人のほうがはるかに多いということを忘れてはいけません。

何故、自分は起業して成功できると考えているのか、その根拠を自分なりに考えてみることをお勧めします。

2008年6月 4日

SOHOプラザ会員登録について

SOHOプラザではセミナーや創業・経営に関する専門家相談等のサービスを受けていただくために会員登録を行う必要があります。

会員登録の方法についてはSOHOプラザのホームページに詳細を記載しています。

会員向けのサービスとして毎月定期的にメールマガジンを発行し、SOHOプラザの各支援サービスの内容や役立つ情報を発信しています。

登録は無料ですので気軽にお申し込みください。